【2019年度 日本臨床音楽研究会 新年会のご案内】

日本臨床音楽研究会は、「音楽を健康にいかに役立てるか」をテーマに、市民とともに音楽と健康の専門家が実践・体験を通して新しい音楽のありかたを研究・普及することを目的に平成19年に発足した団体です。 例年、年に2回講演・実演会を実施しています。 今回は、「沖縄音楽が教えてくれたこと」というテーマで、沖縄音楽の演奏家 青 玲歌会員が講演と実演を行います。 会員以外の方も参加可能ですので、是非ご参加ください。   日程 : 2020年2月2日   13時30分から15時 会場 : くどうちあき神経外科クリニック http://www.kudohchiaki.com/guide#map   講師 : 青 玲歌 テーマ 『沖縄音楽が教えてくれたこと』 内容 ●沖縄音楽について(歴史・ジャンル・楽器(三線)のしくみなど 沖縄音楽の演奏をしてきた中で学んだこと・感じたこと 曲の演奏 みなさんで沖縄の踊り「カチャーシー」を踊りましょう   講師プロフィール 青 玲歌(あお れいか) 1986年、東京生まれ。幼少の頃より、ボイストレーナーである父、青拓美から歌唱発声法を学ぶ。そして沖縄出身の母の影響で、ギタリスト・沖縄三線唄者である平安隆氏の指導のもと、歌三線を始める。 日本大学文理学部にて、沖縄音楽に使われる方言について研究。 現在は沖縄料理店・物産イベント・夏祭り等で、三線の弾き語りライブを行う。 2017年よりアオ・ミュージック・スクールのボイストレーナー・三線講師として奮闘中。   参加費 :  日本臨床音楽研究会会員 ¥1.500 円 / 一般 ¥2.000円   申込方法 : 2020年1月25日までに日本臨床音楽研究会事務局 jacm@fkute.ocn.ne.jp 宛てにメールでお申込みください。 参加費は当日受付でお支払いください。    

【最終のご案内】第12回年次集会

第12回年次集会の最終のご案内をいたします。 参加をご希望の方は、【6/10まで】にお手続き(お申込みと参加費のお振込み)をお済ませください。 また、既にお申込みをされている方で参加費のお振込みがまだな方は、 恐れ入りますが、指定口座へのお振込み手続きをお願いいたします。 最終締切:2019年6月10日 ※6月10日を過ぎると一切受け付けらませんので、ご注意ください。 ※ご自分でお宿の手配と当日の一般参加となります。 参加希望の方は、下記の青森音楽療法研究会ホームページよりお申込みください。 https://aomori-mta.org/seminar_form/   JACM会員の方は会員メールをご参照ください。 日本臨床音楽研究会 事務局 *  *  *  *  * 〒171-0021東京都豊島区西池袋1-4-5佐々木ビル401 Tel&Fax 03(5979)6637 E-mail  <mailto:jacm@flute.ocn.ne.jp> 青森・繋がるつなげるチラシ表改2 (1)    

第12回年次集会(2019年度)のお知らせ

◆◆ 第12回年次集会(2019年度)『音でつながる・音がつなげる』◆◆ 大会長:NPO法人 青森音楽療法研究会 佐々木純子 日 時:2019年6月29日(土)13:30開会~30日(日)13:40閉会 会 場:ゆ~さ浅虫(青森市) 内 容:音や音楽が人と人をどうつなげるのか、どのようにつなげていったのか。また、音や音楽を通して自分と如何につながれるのか…2日間に渡り様々な角度から講演とワークショップを行う。 29日 講 演 「小学校でのこころの健康づくり教室」佐々木純子(NPO法人青森音楽療法研究会理事長) 「日米におけるホスピス音楽療法」  佐藤由美子(米国音楽療法士) 「音楽で他者とつながるとは?」    齋藤 考由(日本臨床音楽療法学会理事長) 30日 ワークショップ 「本音:心と音」~尺八と共に~ ジョン・ニコラス・べランド(尺八製管師・指導者/弘前大学非常勤講師) 「思い出の音とのイメージワーク」  北本 福美(金沢医科大学神経精神科学・講師)   ☆交通手段・宿泊の詳細は、ニュースレター№.28 をご参照下さい。  

【2018年度 日本臨床音楽研究会 新年会 ご案内】

【通常開催と日程と開催地が異なるので、ご注意ください!】 2018年度 日本臨床音楽研究会 新年会 ご案内 日    時  : 2019年2月16日(土) 19時~ 会    場  : 神戸・三宮で予定 参  加  費 : 4,000~5,000円 ★同日、日本臨床音楽療法学会第13回大会のプレセミナーが、10:00~13:00、14:00~17:00で開催されます。合わせて、ご参加をお勧めいたします。 ※ 日本臨床音楽療法学会ならびに日本臨床音楽研究会の会員は、会員区分の別なく大会への参加が可能です。詳細は、ホームページに掲載(当学会の概要→会則のページ)されていますのでご一読下さい。これから学会会員の手続きを取られることも可能です(入会金:2,000円、年会費:種別による)。 入会方法については、学会ホームページをご参照ください→ https://nichirinon.jimdo.com/ 連絡先: 日本臨床音楽療法学会事務局 Eメール: nichi-rin-on@krd.biglobe.ne.jp

第11回日本臨床音楽研究会年次会・総会報告

第11回日本臨床音楽研究会年次会・総会が2018年6月23日(土)、24日(日)に開催されました。1日目は、練馬・ココネリホールでの「練馬いきいき歌声広場」への参加、2日目は池袋の自由学園明日館を会場にマドモアゼル・愛先生を講師にお迎えし、周波数による音の波動の違いを直に味わう体験学習のプログラムで、深い学びの時を参加者で分かち合いました。 第12回は、2019年6月29日(土)、30日(日)に青森にて開催されます。 NPO法人青森音楽療法研究会(共催となります)の佐々木純子さんを会長とし、「音でつながる・音がつなげる」をテーマに、多彩な講演やワークショップが予定されています。会場は、青森市浅虫温泉の「ゆ~さ浅虫」。奥入瀬へのオプショナルツアー、東京・福岡・小松からの飛行機・新幹線&宿(会場ホテル)のお得プランなども準備されています。 ★詳細は、次のご案内で!!

【2018年度 日本臨床音楽療法学会 第十三回大会ご案内】

【速報!延期日程が決定しました!】 2018年度 日本臨床音楽療法学会 第十三回大会 ご案内 日本臨床音楽療法学会事務局 大会テーマ :『ノードフ・ロビンズ音楽療法の理論と実践-即興音楽を臨床的に活用する―』 本年度の日本臨床音楽療法学会の大会案内をお届けいたします。今回は初めて関西での集まりとなり、神戸大学の岡崎理事を大会長として開催することとなりました。会場は、神戸大学の鶴甲第2キャンパスです。 今回は、即興音楽療法アプローチとして世界的に有名な「ノードフ・ロビンズ音楽療法」をテーマに開催いたします。「ノードフ・ロビンズ音楽療法」の基本理念と技法、音楽家ポール・ノードフによる演奏の生音源、そして実際のオリジナル症例を紹介します。 また、後半には「セッションで即興を使えるようになる」ための練習方法例を、ワークショップを通して体験します。 会場には、グランドピアノが2台、音楽療法で使う楽器もたくさんご用意し、音楽に溢れる大会を予定しています。ワークショップ参加への強制はありませんので、お気軽にご参集ください。皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。 大 会 長 : 岡崎香奈(神戸大学) 日    時  : 2019年2月17日(日) 10時~17時 会    場  : 神戸大学鶴甲第2キャンパス C111教室(ホール)(1階) (神戸市灘区鶴甲3-11) 参  加  費 : 3,000円 (会員のみ) プログラム: 午前   ・一般演題 4題(詳細についてはホームページをご参照下さい) 午後  ・基調講演『ノードフ・ロビンズ音楽療法の理論と実践-即興音楽をいかに臨床的に活用するか―』 ・ワークショップ『即興アプローチの具体的な練習方法』 講師 :岡崎香奈 主    催   :   日本臨床音楽療法学会 ※ 2018年9月30日開催予定が台風の影響のため延期になり、ご迷惑をおかけいたしました。すでに参加申し込みをされた会員の方々はそのまま申し込みを有効とさせていただきます。新日程に参加不可能な方は事務局までご一報ください。 ※ 日本臨床音楽療法学会ならびに日本臨床音楽研究会の会員は、会員区分の別なく大会への参加が可能です。詳細は、ホームページに掲載(当学会の概要→会則のページ)されていますのでご一読下さい。これから会員になっていただいても、まだ間に合います(入会金:2,000円、年会費:種別による)。 入会方法については、学会ホームページをご参照ください→ https://nichirinon.jimdo.com/ 連絡先: 日本臨床音楽療法学会事務局 Eメール: nichi-rin-on@krd.biglobe.ne.jp