新着情報

【2010年4月20日日更新】
・21年度分 終了したイベント・講習会情報を掲載しました。
・昨年開催された第1回シンポジウム「臨床音楽とは何か」スピーチ内容を
 会員限定サイトに掲載しました。(※パスワード入力が必要となります)
・第3回日本臨床音楽研究会総会・シンポジウムのお知らせ 掲載しました。


第10回音楽とウェルネスの学際的融合研究会が、8月8日に
洗足学園音楽大学で開催されました。

第3回総会(平成21年度)・シンポジウムのご案内 ⇒会員限定サイト
無事終了いたしました。ありがとうございました。
 欠席された会員の皆様には配布資料を郵送いたします。

1.開催日時:2009年6月28日(日)  10:30〜

2.場所:洗足学園音楽大学 溝の口キャンパス 2202教室

3.総会議事 :  2008年度活動報告・決算・2009年度事業計画・予算 他

4.シンポジウム
  
「臨床音楽を考えるPARTUⅡ-本研究会の方向性について-」

5.ジャムセッションライブ (
楽器持ち寄り歓迎いたします!)
6.会費 無料(参加は会員限定とさせていただきます)

返信葉書へ出欠とアンケートをご記入の上、6月18日までにご投函下さい。
【会員の皆様へお願い】

*学園内に駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
*昼食は各自でご用意下さい(休憩時間は60分を予定しております)
*
欠席の方も必ず委任状を投函していただきますようお願い申し上げます
本研究会は皆様の会費で運営されております。前年度分までの会費納入がお済みで
 ない方は納入していただきますよう重ねてお願い申し上げます。

*総会案内は5月31日に事務局より全会員宛に往復ハガキにて投函いたしました。
 ハガキが届いていない方はこちらまでご連絡ください。(メールが起動いたします)


☆4月28日更新
第9回音楽とウェルネスの学際的融合研究会 無事終了いたしました。
*当研究会 北本理事が座長参加します。
*日時:2009年4月25日(土) 14:00〜16:00
第48回日本生体医工学会大会の市民開放講座として企画されています。
*参加、無料。
*会場:
東京都江戸川区タワーホール船堀A会場(大ホール)
*プログラム 詳細は新着情報に掲載しています。併せてご覧下さい。

第10回音楽とウェルネスの学際的融合研究会が、8月8日に
洗足学園音楽大学で開催されます。
(塩谷理事が大会長、青会長が事務局長で現在準備を進めております)
詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。

2009年4月4日更新

当研究会のロゴマークが完成いたしました。近日公開の予定です。
 
2009年3月1日更新 
 
2月28日 歌唱鍵盤伴奏法講座2 終了いたしました。
 ご参加いただきました皆様に御礼申し上げます。


第9回音楽とウェルネスの学際的融合研究会 無事終了いたしました。

*当研究会 北本理事が座長参加します。
*日時:2009年4月25日(土) 14:00〜16:00
第48回日本生体医工学会大会の市民開放講座として企画されています。
*参加費:無料
*会場:
東京都江戸川区タワーホール船堀A会場(大ホール)←会場HPにリンク
*プログラム
14:00-14:05(座長挨拶&ステージセットアップ)
  座長:赤澤堅造(大阪工業大学大学院工学研究科)
     北本福美(金沢医科大学精神神経科)
14:05-14:15 演奏(1)
  モーツァルト作曲:アイネクライネナハトムジークKV525より第1楽章
  Philomusicotherapeutica(金森圭司Vn、飯塚三枝子Vn、岩田誠 Va、
  市江雅芳Vc)
14:15-14:30
  OS-23-1 医者であり演奏家であること 
  ○金森圭司(恵愛病院産婦人科)
14;30-14:45
  OS-23-2 京都医療センターにおける音楽療法の活用と効用
  ○飯塚三枝子、塚原徹也、高鳥郁子(京都医療センター音楽療法室)
14:45-15:00
  OS-23-3 脳にとって音楽とは?
  ○岩田誠(東京女子医科大学神経内科)
15:00-15:10 演奏(2)
 モーツァルト作曲:アダージョKV580a(イングリッシュホルンと弦楽のための)
 Philomusicotherapeutica(市江雅芳Eh、金森圭司Vn、飯塚三枝子Va、
  岩田誠Va)
15:10-15:25
  OS-23-4 楽器演奏とウェルネスの美味しい関係
  ○市江雅芳(東北大学未来科学技術共同研究センター)
15:25-15:35
  OS-23-5 指定発言
  ○林豊彦(新潟大学大学院自然科学研究科)
15:35-15:50
   総合質疑
15:50-16:00 演奏(3)
  モーツァルト作曲:ディベルティメントKV136 より第2楽章
  Philomusicotherapeutica(金森圭司Vn、飯塚三枝子Vn、岩田誠Va、
  市江雅芳Vc)

 なお、「第10回音楽とウェルネスの学際的融合研究会」は、8月8日に
塩谷理事が会長、青会長が事務局長で洗足学園音楽大学で開催されます。
詳細につきましては、決まり次第お知らせいたします。



【以下の催しは終了いたしました】
☆歌唱鍵盤伴奏法講座 2 
  
日時:2008年2月28日(土) 18時〜20時
  講師:青 拓美(日本臨床音楽研究会会長、青音楽研究所代表)
  会場:洗足学園音楽大学2202(2号館2階)教室
   
(教室が変更になりました。当日は案内掲示でご確認ください)
  定員:60名
  聴講料:会員1500円 非会員 3000円
  公開レッスン(本会会員限定)受講料 3000円 (5名限定・先着順)
  申し込み先:日本臨床音楽研究会事務局
  トップページにご案内(PDFファイル)掲載しております。ご参照ください。



☆第2回ライフサイエンス研究会 第2回公開講演会
   音楽の癒し 〜音楽療法の過去から未来へ 〜

◎日 時  平成20年12月12日(金) 15:00〜17:00
       15:00〜16:30  講演会
       16:30〜17:00    『浜松フィルハーモニー』の生演奏

◎会 場  ホテルヴィラくれたけ 
        (浜松市中区東伊場1-1-26:TEL 053-453-1511 )
◎講 師  聖路加国際病院 人間ドック科 副医長   市丸 みどり 氏
【内 容】
旧約聖書に登場する、竪琴を弾いて王様の気持ちを慰めたダビデの話が、音楽療法の始まりです。以来何千年もの間、音に人々は癒され、音の不思議を追いかけて
きました。音楽療法の世界から科学 の世界へと繋げる研究がその不思議を解明する時が近いでしょう。音楽療法にまつわる「夢」の 歴史をお話させて頂きます。
【プロフィール】
  1956年  別府生まれ。3歳からピアノを習い、生きがいになりました。
  1980年  金沢医科大学を卒業。 内科医をへて
 1996年〜 ホスピス医となり、聖路加病院ホスピス病棟を立ち上げました。
       週に1回プロのボランティアの方によるコンサートを続け、また音楽療法室の
       療法士により様々なテラピーを行って参りました。
  2004年に京都大学医学部公衆衛生大学院を卒業し、人間ドック医となりました。 その傍ら、礼拝堂の「患者様のためのコンサート」で弾き語りも行なっております。

◎参加費  1,000円(当日会場にて徴収。また、法人会員・学生は無料)
 ※法人会員:浜松ホトニクス(株)、(財)食品農医薬品安全性評価センター、                聖隷福祉事業団、浜松医療学院、の社員・職員の方。

◎申 込  必要事項を下記の申込書にご記入のうえ、12月5日(金)までに
        郵送または、FAX、E−mailで、事務局までお送りください。
◎事務局  〒432-8036 浜松市中区東伊場2-7-1浜松商工会議所会館8階           (財)浜松地域テクノポリス推進機構
         TEL:053-489-8111   FAX:053-450-2100
         E-mail: tmp@hamatech.or.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・コピー・ペーストしてください・・・・・・・・・・・・・・・

  ♪♪ライフサイエンス研究会(第2回公開講演会12/12)♪♪ 
              出欠回答書(締め切り12月5日)

            出 席 ・ 欠 席

  企業名(             )
  氏 名(             )

*お知り合いの方に、ぜひご案内をお願いいたします。
 ご案内先のメールアドレスをご連絡頂ければ、今後、事務局からご案内をさせて
 頂きます。

☆●^▽^●☆●^▽^●☆●^▽^●☆●^▽^●☆●^▽^●☆●^▽^●☆●^▽^●☆ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・コピー・ペーストここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*例会案内部分は削除して、回答書部分のみ返信下さいますようお願い致します。
      ライフサイエンス研究会事務局  E-mail:tmp@hamatech.or.jp

☆即興演奏法講座 1 →おかげさまで無事終了いたしました。
  日時:2008年12月20日(土) 18時〜20時 
  主催:日本臨床音楽研究会
  後援:洗足学園音楽大学音楽療法研究所
  講師:岡崎香奈(日本臨床音楽研究会理事、音楽療法士)
  会場:洗足学園音楽大学 2号館2301教室
 参加費:本研究会会員 1.500円 会員以外 3.000円
*参加申込は、学会事務局へメールまたはFAXで。
  会費は当日受付での支払い(当日申込も可)です。

☆第65回日本循環器心身医学会・第11回日本補完代替医療学会
 11月7日〜11月9日の日程で、第65回日本循環器心身医学会と第11回日本補完代替医療学会が合同開催されます。場所は横浜市開港記念会館です。
この学会で、次のように音楽療法に関わる講座が開かれます。お時間のある方は
ご参加ください。

 11月8日(土)12時15分〜13時 音楽療法のランチョン教育講座
  講師:青拓美
  座長:塩谷百合子
 11月8日(土)15時〜17時 教育講演「感覚からメタボリックへの提言」
  和合治久理事が「聴覚から」のアプローチをテーマに講演
*循環器心身医学会は、青会長、塩谷、北本両理事が理事をされている団体です。
  HPもご参照ください。
    日本循環器心身医学会 http://www.kokocas.com/
 

日本生体医工学会専門別研究会主催・日本臨床音楽研究会共催
  第7回「音楽とウエルネスの学際的融合に関する研究会」

  日時:2008.11.22.(土)
  会場:金沢医科大学病院新館12階会議室
【プログラム】
13:30 開場 (新館12階会議室前で受付)
14:00〜14:45 セラピーライブ(新館1階ロビー)
14:45〜15:30 移動と休憩
15:30〜15:40 開会挨拶・講師紹介
15:40〜17:30 シンポジウム「ウエルネスを再考する」
 「からだとウエルネス」 青 拓美(日本臨床音楽研究会会長)
 「こころとウエルネス」 齋藤考由(九州臨床音楽療法学会理事長)
 「社会とウエルネス」  和合治久(NPO日本ロハス学会理事長)
 「スピリチュアリティとウエルネス」 木村 泉(CAMU-net関西代表)
17:35〜18:00 全体討論
参加費:¥2,000 (当日徴収)
定員:100名(先着順)
申し込み先:金沢医科大学・北本福美 fukumi@kanazawa-med.ac.jp
☆お申し込みを頂いて、返信にて受付の完了をお伝えいたします。
☆定員に達した場合は、大変恐縮ですが、お断りをすることがあります。


平成20年度
日本臨床音楽研究会第2回総会
&シンポジウム
〈おかげさまで無事終了いたしました〉
 
総会・理事会の議事録は会員限定サイト
ご覧いただけます(入室にはパスワードが必要です。)

   日時:2008年6月29日(日) 総会:12時30分〜13時  
                シンポジウム:13時15分〜16時30分

    場所:洗足学園音楽大学 溝の口キャンパス 2202教室
        (東急田園都市線溝の口駅南口 および 
         JR南武線溝の口駅下車徒歩8〜10分)
 
今回は会員のみ対象の会です。総会には全会員が出席できます。

総会議案
1 2007年度の活動報告(各担当理事)
2 2007年度会計報告(会計)
3 2007年度会計監査報告(監事)
4 2008年度 役員の紹介と承認(会長)
5 2008年度 事業計画 (各担当理事)
6 2008年度 予算(会計)
7 その他


シンポジウム
「臨床音楽」とは何か

                                学術研究部門 齋藤考由

 本研究会は、「臨床音楽」というキーワードの元に、全国から有志が集まって結成されました。ご存知のとおり、立ち上がってからまだ日も浅く、よちよち歩きの時期を過ごしています。よって無理もないことではありますが、会員はもちろん役員の間からも、「この会がどのような方向へ向かって発展しようとしているのかまだ見えない」といったご意見を伺うことがあります。

 そこで今回、第2回大会の開催にあたっては、会の名称に掲げる「臨床音楽」とは何(どのようなこと)を指しているのか、巷に広まった「音楽療法」という用語を(あえて)使わない理由はなぜか、等々の疑問に対して意見を交換し、できるだけ具体的かつ明解に本会の性質を浮かび上がらせようと、シンポジウムを企画致しました。よってシンポジストは、本会の会長、副会長ならびに発起人の中から選び、彼らにまず「我が思う臨床音楽」について語ってもらうことから始めようと思います。当日は、単にシンポジストの発言を聞くのに留まらず、会員とシンポジストのディスカッションが有機的に展開するように進行したいと思います。どうぞご参集いただき、活発に疑問を提出し、意見を述べていただきたいと存じます。

1. 趣旨とシンポジスト

趣旨:本研究会の名称に使われている「臨床音楽」について、各役員や会員が意見交換および議論を行い、「臨床音楽」の多様性を確認しながらも、この研究会における活動の方向性について会員全員がコンセンサスを持つことを目的とする。

シンポジスト(敬称略)
青拓美(本研究会会長・音楽療法士の立場から)
岸本寿男(本研究会副会長・内科医、音楽家の立場から)
芹澤一美(音楽関連雑誌編集・報道の立場から)
塩谷百合子(心理学・音楽療法教育の立場から)

齋藤考由(兼司会:精神科医、音楽療法士の立場から)

会員限定サイト

⇒ こちら

履歴

2008年5月30日
総会およびシンポジウム詳報公開
歌唱鍵盤伴奏法講座 報告 ⇒ こちら  
2008年2月22日
総会予告&新年会&ライブ報告
2007年12月28日
WEBニュース&新年会&ライブ情報公開

新年会とパーティー&ライブ

2008年01月12日
日本臨床音楽研究会新年会&ライブ

25名参加のもとに楽しいときを過ごしました!!

平成20年1月12日(日) 於 東京・豊島区目白 『Mac’sCARROT』

昨年「日本臨床音楽研究会」結成会の時に開催された、”みなで歌って健康になろう”セラピーライブ第2回が会員および一般参加者を交えて本会新年会を兼ねて開催されました。

青・岸本の「冬の唱歌・名曲」演奏に参加者一同が声を合わせて斉唱し 大いに盛り上がりました。また、会員で声優の川田妙子氏・音楽療法士の岡崎香奈氏による「母とこのための読み聞かせ企画=朗読と即興音楽」はが参加者の心を別世界へと運んでくれました。